フロントマン

たまには趣向を変えて、日記的なものを。
私は、高校1年生の時にバンドを始めてから、ず〜っとドラムオンリーです。
ドラムしか目に入らないぜぇぇ〜」
って訳じゃなくて、ドラムしか出来なかったんですねぇ(笑)

私は、Vo、G、B、Drの4人編成のバンドだったのですが、
前3人はいつもライブでやりたいようにやってる訳ですよ。
で、私はいつもそれを後ろから見ているダケ。

いわゆる
「海水浴に来て、水に入って遊んでいる父と子を見守る母」
状態な訳です。

「あぁ〜俺も、前で動いてみたいなぁ…」
「フロントマンになってみてぇぇぇぇ…」
っていつも思ってました。
でもドラムじゃぁ前に出れないし…

まぁトミー リー(MOTLEY CRUE)は客席の上までドラムが移動してましたが…
しかも、グリグリ回ってるし…
まぁあれは特別な例ですが♪


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 00:06 | Comment(12) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

譜面派?耳コピー派?

突然ですが、みなさんは譜面派ですか?耳コピー派ですか?

私は「耳コピー派」です。
って言うか譜面は読めません(笑)
正確には、なんとか読めますが、耳で聴いた方が早いです。
ドラマーなんで。
という訳で、スコアなんてほとんど見た記憶がありません。

高校一年でバンドを始めた頃は、当然譜面なんて読めません。
耳で一生懸命に聴き取ってました。
ある程度経って、カベにぶち当たった頃に基礎の勉強を始めたのですが、
その時に譜面の読み方も勉強しました。(素人の独学ですが)
それで一応少しは読めるようにはなったんですが、譜面をパッと見て即演奏できる程慣れてないんで、フレーズにしても、リズムパターンにしても、頭で整理する必要がありました。
譜面見て、頭で「あれがこーなって、ここがどうなって…」そんな事を考えている間に、一回聴いた方が早かった訳です♪
なので、私は耳コピー派です。
多分生涯…

ドラムはLOUDNESSの『 S.D.I 』の最初のフレーズのように、超速いフレーズとかじゃなければ、基本的に耳コピーで十分イケると思ってます。
リズムパターンなんて、ほぼ耳でイケるでしょ♪

多分ですが、ドラマーって耳コピーが断然多いような気がするのですが?
間違ってますか?(笑)

ところが、ギターやベースの方は、耳コピーだけでは結構難しいものがあるようですね。
一緒にバンドやってたギタリストもバンド(ギタリスト)によっては譜面(タブ譜)がないと厳しいって事を言ってました。
こういう部分ってドラマーが少し特かもしれませんね♪


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 16:03 | Comment(16) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

完コピ派?アレンジ派?

前回の譜面派?耳コピー派?を書いてて思ったんですが、
皆さんは完コピ派ですか?アレンジ派ですか?

私は「アレンジ派」です。
っていうか完コピはできません(笑)
(前回の記事と書き方が同じ…)

完コピ派に対する言葉としてアレンジ派という言葉が適切なのかは微妙ですが、まぁその辺は察して下さい(笑)

前回の記事で書いたように、私は耳コピー派だったのとテクがなかったので、曲によっては完全にコピーする事ができませんでした。
で、その対応策としてある程度コピーして、聴き取れなかったり、再現できない部分は自分で出来る範囲のフレーズ(オカズ)を入れていたのですが、それが段々エスカレートしていくと、ドラムが目立つフレーズの時なんかは「自分ならこうする」的なフレーズを入れていました。
まぁ自己アピールの一つですね。
途中にドラムソロがある曲(例えばLOUDNESSのSpeed『 THE LAW OF DEVIL'S LAND 』)なんかもう全然別のフレーズ叩いてました。
あっ!Speedはライブでやった事はありません(笑)あくまで例です。例。

ただ、このようなアレンジ派になってしまうと、自分が出来る範囲内のフレーズしか叩かなくなります。
完全に逃げに走ります(笑)
曲の終わりで客を煽るような部分はある種ソロのようなものなので、ドラマーのセンスがでるトコだと思うのですが、それだけにプロのドラマーは結構難しいことやってくれてます。
ホントはこういう部分を完コピすればもっとイロイロできたんでしょうが、逃げに走ってたんで「大体こんな感じ?」でごまかしてました。
今私のフレーズの引き出しが少ないのはこの辺に原因の一つがあったりします(笑)

高校時代の私の友人ドラマーの1人は完コピ派だったんで、そりゃぁもう「えっ?そこまで再現すんの?」って感じでした。
そのお陰で(?)友人はかなりウマくなっていきました♪
彼のフレーズの引き出しはドンドン増えていった訳です。
みるみるうちに差が開いていったのが今でも忘れられません。

まぁドラムってフレーズの数を競うものではないのですが、多いに越したことはありませんよね。

今になって思えば「完コピして、ライブでは違うアレンジで」ってやり方が一番良かったのかも?
と思う今日この頃です。

皆さんは完コピ派ですか?アレンジ派ですか?


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 01:21 | Comment(13) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

Morrie(ex DEAD END)が復活!

Morrieモーリー)ってみなさんご存知でしょうか?
DEAD ENDのボーカルだったんですが、DEAD ENDのあの独特の世界観を作った張本人です。
最近、復活したんでちょっとした話題になってます。

一応、このブログはドラム関連なんで、Morrieの詳細については省略しますが、DEAD END時代はかなりのカリスマ性をもっていました。L'Arc〜en〜CielがDEAD ENDを大好きなのは有名な話で、L'Arc〜en〜CielのライブではDEAD ENDの曲をカバーしたりもして、hydeもかなり影響を受けていると言われています。

そのMorrieですが、L'Arc〜en〜CielのTetsuと組んだユニット『Creature Creature』のボーカルとして16年ぶりにCDをリリースした訳ですね。
下記の3枚です。

  • 風の塔    iTunesでGETするなら →  Creature Creature - 風の塔 - Single - 風の塔
  • Red      iTunesでGETするなら →  Creature Creature - Red - Single - Red
  • パラダイス  iTunesでGETするなら →  Creature Creature - パラダイス - Single - パラダイス

    ↓↓↓DEAD ENDを聴いた事ない方はこちら↓↓↓
    GHOST OF ROMANCE(一作目:少しハード路線)
    SHAMBARA(二作目:creature creatureの理解が深まる事間違いなし!)

昔からのDEAD ENDファンにL'Arc〜en〜Cielファンも混じって、結構盛り上がっているようです。
で、肝心のドラムなんですが、今回はサポートとして真矢が参加しています。
これも盛り上がってる要因になってるようです。

少し前からDEAD ENDが復活するって噂を耳にしていましたが、
は戻らんような気がする…」
とず〜っと思っていましたが、案の定名前はありませんね…(寂)
ただ、8月末にはアルバムを出す予定でDEAD ENDのメンバーが集まるって噂もチラホラ。


いやぁ〜でもは戻らないんじゃないの?
と思ってますが…
イヤ、戻って欲しいんですよ。私は。
DEAD END大好きですから。
湊雅史フリークすから。
でもは戻らんような気がする…

誰か真相をご存知の方いらっしゃいます???


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 18:49 | Comment(42) | TrackBack(6) | アレスのボヤキ

中古CD

最近中古CDを探してます。
このブログを初めてからハードロック系のCDを集め始めたんですが、新品を買う余裕もないので…
中古CDを探しています。

ところが、私は福岡県の田舎に住んでるので、なかなかハードロック/ヘビーメタルのイカす中古CDが見つからないんですよねぇ…
しかも、高いっ!!
X-JAPANの『 Jealousy 』が1200円ですわ。
しかもケース割れてるのに…
田舎は中古CDの流通量が少ないんで、値段も高いんでしょうね。
っていうか、CDが見つかればまだイイ方で、田舎の中古CD屋さんにはハードロック系の中古CDは殆ど置いてありません。

おぉぉなんてこったい!

一流ミュージシャンを見ようにも、ナカナカ来てくれないし、
中古CDもナカナカ置いてないなんて。
田舎ってツライ…
(まぁ、田舎でイイ事もあるんですがね 笑)

もはや通販しかないか…


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 16:45 | Comment(26) | TrackBack(1) | アレスのボヤキ

ミュージシャンの呼び方

このブログを始めてから、気付いた事があります。
ミュージシャンの呼び方についてです。
みなさん、「さん付け」や「ニックネーム」が多いですねぇ。

  1. 樋口
  2. 樋口っつあん
  3. 樋口さん
  4. 樋口氏

樋口(LOUDNESS)の場合でも最低4種類ありますが、1.以外は尊敬や親しみが感じられます。
ん〜で、私はいまさら言うまでもないですが、1.の呼び捨てです。
といっても尊敬や親しみがないわけではありません。
では、何故か?

遠い人だから

私にとってミュージシャンってのは、テレビに出てる芸能人と同じカテゴリーの人達です。
私はテレビに出てる芸能人を「さん付け」では呼ばないので、ミュージシャンも呼び捨てとなります。
普通、島田紳助の話する時に、「紳助さん」って言わないでしょ。
さらに、外人はほぼ呼び捨てな訳だし。
(ヨン様は別格です 笑)

もちろん、仮に会う機会があったりしたら、思いっきり「さん付け」になります(笑)

ミュージシャンの呼び方について、特に誰からかクレームが来たとかじゃないんですが、私の中でず〜っと気になってなんで、一応書いておこうかな。って感じです。
コメントへの返信の時なんか、よく迷うんですよねぇ。
呼び捨てで書いていいもんだろうか…って。

ヤバッ。
ドラムのブログなのに、この記事に一回もドラムって出てきてないんで、ドラムって書いておこう。
初めて来て頂いた方へ
 実は、このブログはジャパメタ中心のドラムのブログですよぉぉ♪
 イヤ、ホントですって!


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 21:45 | Comment(23) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

バンドTシャツ(ロックTシャツ)

最近っていうか、チョット前からバンドTシャツなるものが流行っているそうな。
ロックTシャツって書いてあったりもする)
バンドTシャツって何?って感じだけど。
(こんなやつ↓↓↓↓↓)
【バンドT 通販】 セックスピストルズSEX PISTOLS - God Save/Flag Tシャツ
意外と流行ってるらしい。
芸能人とかが着てるからですね。

以前極楽とんぼの加藤が『 AC/DC 』のTシャツを着ていたのを見て、
「絶対『 AC/DC 』知らんだろ!」
って思っていたんだけど、実は流行なのね。
(って言うかスタイリストに着せられてるんだろうけど)

このバンドTシャツ
もしかして『バンドTシャツ』っていうひとつのジャンルになっている?
ネット上で検索してみると、バンドTシャツ専門店まであるし。
バンドTシャツ以外にも、バンドパーカー、バンドキャップなんてある。
更には、本まで!! → ROCK DESIGN2005 オフィシャルTシャツ完全カタログ
いやぁ世の中何が流行るかわからんもんですねぇ。

ここで、ちょっと疑問が。
バンドTシャツって何で洋楽ばっかりなんでしょう?↓↓↓↓↓

【バンドT 通販】 オジーオズボーンOZZY OSBOURNE - Blizzard Of Ozzy Tシャツ【バンドT 通販】 モトリークルーMOTLEY CRUE - Glam Rock Tシャツ 【0810PT510】【バンドT 通販】 メタリカMETALLICA - Metal Up Tシャツ 【0810PT510】
【バンドT 通販】 システムオブアダウンSYSTEM OF A DOWN - Spoonful Tシャツ【バンドT 通販】 アイアンメイデンIRON MAIDEN - Trooper Tシャツ【バンドT 通販】 エアロスミス AEROSMITH - Aeroforce One Re-Issued Tシャツ
ねっ?!

バンドTシャツって海外が発祥なの?
でも、日本で売るならLOUDNESSやANTHEMがあってもイイんじゃないの??


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 22:05 | Comment(14) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

ドラム対決

ドラム対決?
対決?
ドラムで?

ポンタ真矢(LUNA SEA)の二人が、ドラム素人の芸人に10日間ドラムを指導して、最終的に対決させるというテレビ東京ならではの「かなり思い切った」番組が今日放映されてました。
私は思いっきり見逃して、半分しか見てません(笑)
テレビをつけた時は、対決直前でした…

ドラム界の重鎮『村上ポンタ秀一』が「まちゃまちゃ」に、ドラム界では最近結構な人気(やはりLUNA SEA効果?)でMorrieのアルバムにも参加している『真矢』が「安田大サーカスのヒロ」にドラムを指導したそうなのですが。

ドラム対決する課題曲は『A列車で行こう』です。
スイングガールズでも演奏していた、スイングの名曲です。

芸人二人の演奏自体は、まぁ10日間でよう頑張ったな。って感じなのですが、私が一番「おぉぉぉ」と思ったのは、まちゃまちゃがリズムパターンやフレーズを口ずさみながら(歌いながら)演奏していた点です。
う〜む。
ドラムは歌うように叩きなさい」って感じのことを言ってるポンタならではの指導ですねぇ。
JAZZなんかではフレーズを口ずさむドラマーは意外といますもんね。
ハードロック系の私には、とても恥ずかしくてマネできませんが…
アドリブのドラムソロなんかも「歌う」事によって、簡単にできるそうです。
まぁ「簡単」ってのは、違う世界のドラマーの話なんでしょうがね(笑)

ドラム対決は二人同時にドラムを叩いて行ってたのですが、各々リズムのとりかたが違うのも面白かったですねえ。
ポンタ+まちゃまちゃ組は4ビートで演奏
真矢+ヒロ組は8ビートで演奏
この時、二人のハイハットの刻みは全く同じ。
言い換えると、ポンタ+まちゃまちゃ組は、真矢+ヒロ組の倍の速度でリズムをとっていました。
同じ曲なのに。
「リズムに対するアプローチは一つではないんだよ」
って事ですね。

ドラム対決の結果は真矢+ヒロ組が勝ちました。
(まぁ勝敗はどうでもイイですが 笑)
ドラム界の重鎮『ポンタ』とドラム界の中堅『真矢』に勝負させといて、ポンタを負かしせても大丈夫なのか?テレビ東京?!

忘れてましたが、審査員は「つのだ☆ひろ」と「富田京子(PRINCESS PRINCESS)」が出てました。
久しぶりに富田京子を見ましたが、ちょっと歳をとってたのがショックです…

誰か番組を見られた方いらっしゃいますか?
何か「おぉぉ」って感じの指導内容とかありました??


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 23:06 | Comment(25) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

樋口宗孝ドラムソロアルバム発売

樋口宗孝(LOUDNESS)のソロアルバムが発売されます!
DRUM COLLECTION Vol.001というタイトルです。
樋口の過去のドラムソロを終結したアルバムだそうです。
発売は2006/08/23なんで、「今すぐ」下から予約して下さい(笑)

『 DRUM COLLECTION Vol.001 』

樋口の過去のドラムソロを集めた作品って事ですが、ドラムソロだけのアルバムって私は初めて聞きました。
もしかしたら、他にも発表しているドラマーがいるかもしれませんが…
樋口ドラムソロといえば、私は『 8186 LIVE 』でのドラムソロしか記憶にありません。
もちろん、ライブで見た事は何回かあるのですが、『 8186 LIVE 』のドラムソロとほぼ同じ内容でした。

今回発売される『 DRUM COLLECTION Vol.001 』では、1983年、1986年、1986年、2001年、2002年、2004年に行われたライブでのドラムソロが7回分収録されているようです。
時と共に変化して行くドラムソロドラムセットの移り変わりに注目したいですねぇ♪

樋口宗孝がどのように変わっていったか!!

がわかるんじゃないかと期待しています♪
ドラムソロの他にも未発表曲が1曲と、樋口宗孝本人のインタビューが収録されているそうです。
さらにDVD付き!!

久々にドラマーの血が騒ぎそうな(予感がする 笑)アルバムですね。
収録曲は下記です。

001  DRUM SOLO
(from LIVE-LOUD-ALIVE LOUDNESS IN TOKYO @SHIBUYA KOKAIDO1983/11/2) 
002 DRUM SOLO
(from LIVE IN TOKYO・LIGHTNING STRIKES @YOYOGI OLYMPIC POOL1986/4/3 4/4) 
003 DRUM SOLO
(from The SOLDIER's just came back @ NAKANO SUNPLAZA2001/3/28) 
004 DRUM SOLO
(from 20TH ANNIVERSARY PANDEMONIUM TOURLIVE @NHKHALL2001/11/25) 
005 DRUM SOLO
(from LOUDNESS LIVE BIOSPHERE @SHIBUYA KOKAIDO 2002/10/25) 
006 DRUM SOLO
(from LIVE TERROR 2004 @SHIBUYA KOKAIDO 2004/2/22) 
007   MAM 未発表トラック

LOUDNESSの25周年記念なんでしょうね。
この他にも、

が同時発売です。

DRUM COLLECTION Vol.001 』はハードロック系ドラマーなら必聴のアルバムでしょう♪
もちろん樋口宗孝ファンもですよん♪

ところで、このアルバムVol.001となってますが、シリーズ化の予定なんでしょうか??


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 01:21 | Comment(36) | TrackBack(0) | アレスのボヤキ

トリビュートアルバム

トリビュートアルバムって聴かれた事ありますか?
私はあんまり聴いたことはないのですが。
最近は色んなアーティストのトリビュートアルバムが発表されているようですねぇ。
つい最近まで私も知らなかったのですが(笑)

トリビュートアルバムっていうと、私にとっては故人の追悼とかいうイメージでしたが、実はそんな事ないんですね。
自分が好きだった、あるいは影響を受けたアーティストへ敬意を表すって感じでトリビュートアルバムを作成するって事もあったりするみたいです。
っていうか、今ではそっちの方が多い??

ふむふむ♪なるほどぉ。
自分が影響を受けたアーティストねぇ。
って事で、私がトリビュートしてみたい曲を選んでみました。
誰かのトリビュートって事ではなくて、自分が選ぶトリビュートしたい曲って感じです。
もちろん、演奏できる出来ないは別ですよ(笑)

01 Dr.feelgood(トミー リー:MOTOLEY CRUE)
02 LIVE WIRE(トミー リー:MOTOLEY CRUE)
03 Wild Side(トミー リー:MOTOLEY CRUE)
04 THE DAMNED THING(湊雅史DEAD END
05 DANCE MACABRE(湊雅史DEAD END
06 Embryo Burning(湊雅史DEAD END
07 Blood Music(湊雅史DEAD END
08 colorado bulldog(パット トーピー:Mr.BIG)
09 Addicted To That Rush(パット トーピー:Mr.BIG)
10 temperamental(パット トーピー:Mr.BIG)

う〜ん…
ドラマーがかなり偏ってしまった…
どうやら私は音楽の幅が狭い男のようです(笑)

トリビュートなんで、原曲の完全再現じゃなくて、
どんなアレンジにする?
どんな曲順にする?
とかを考えるのも意外と楽しいですね。

ところで、トリビュートアルバムって、参加するアーティストによって、トリビュートされる側の格が上がったり下がったりすると思いませんか?
「おぉぉ!こんな大物が参加するとは!実はスゴイ奴だったんだなぁ」
とか
「なんじゃこりゃ…っつ〜か誰?」
みたいな(笑)

他にも、「なるほどっ!こんなアレンジもアリなのね♪」みたいな気付きもあったり。
普段のバンドでの演奏とは違った面を見せてくれるアーティストもいるでしょうね。

トリビュートアルバムって、オリジナルのアルバムと違って結構いろんな事を考えたり、意外と楽しそうだなぁって印象です。
そんなトリビュートアルバムをたくさん(マジでたくさん)集まってるブログがあります。
トリビュート・アルバムの森
「あぁ〜懐かしい!」なんてアーティストを見つけたりするかもです♪

みなさんが影響を受けたアーティストって誰ですか??


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 01:13 | Comment(22) | TrackBack(1) | アレスのボヤキ
  ツーバス・ツータム・ツーフロア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。