yoshiki(X-JAPAN)

yoshiki(X-JAPAN)について色々と述べてます。
アルバムも紹介しています。
 
yoshikiのトップ


 XX-JAPAN)のアルバム


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | X(yoshiki)

yoshiki(X)の第一印象

yoshikiを最初に見たのは中学生の頃。
「元気が出るTV」の運動会にも出てた。
とにかく見た目のインパクトが凄くて。

髪は片方だけツンツンに立ってるし。
顔は半分だけ白いし。
プロテクターみたいのつけてるし…

で、音を聴いてみると、これまたインパクトが凄くて。
当時のXはまだインディーズで、ジャンル的にはスラッシュ系になってた。
実際当時の曲はスラッシュっちゃぁスラッシュですが。

とにかく、何かしらんがカッチョイイッ!!
と思ったものです。
黒いスティックや、深胴のタムなんか使ってたりしましたが、
とにかくパクリました。
私が、かなり影響を受けたドラマーの一人です。

yoshikiはドラマーでありますが、プロデューサーでもあって、
Xの初期の頃から色々と考えてやってたみたいです。
当時のヘビメタバンドがTV出演を敬遠していたなか、
あえてTVへの露出を増やしたりもしてました。
メジャーと契約する際も、インディーズを制覇してバンドの地位を確立してから
いくつかのレコード会社と交渉する事で条件をよくする的な事も言ってましたね。
見た目とは違って、若い頃から結構しっかり屋さん(笑)だったと思います。

ライブでドラムぶっ壊したりもしてたし、破壊的なイメージが強かったyoshikiですが、
初めて喋ってるのを見たとき、ちょっとカマっぽいのが結構ショックでした(笑)

 
yoshikiのトップ


 XX-JAPAN)のアルバム


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | X(yoshiki)

yoshiki(X)のドラムセット

yoshikiドラムセットはかなり変わってましたね。
もちろんツーバスなんですが。

とにかく、イスが高いっ!!
つま先くらいしか床に着かないんじゃ?
ってくらい高い。
で、スネアが超斜め。
45°くらいいってんじゃ?
ってくらい斜め。
同じくタムも超斜め。
スネアと同一平面上に綺麗にならんでて
45°くらいいってんじゃ?
ってくらい斜め。

yoshikiの演奏スタイルとの関係でしょうが、
イスとスネアの距離が結構遠くて、
最初にそれをマネマネしてしまった私は、
それからず〜っとそのクセが抜けず、
タムが遠い…って事に延々と苦しみました♪

VANISHING VISION 』の頃はロートタム×3でしたが、
有名になってから、TAMAで有名なクリスタルの深胴のドラムを作ってず〜っと使ってたようです。
クリスタルの頃は破壊的な過激さよりも、綺麗さを求めてるって印象が強かったですが、
最初の頃はバスのヘッドにサイケな絵が描かれてたし、個人的には昔の方が好きでしたね。

で、よくライブの終わりでドラムセットをぶっ壊してましたが、
その時はぶっ壊す用のしょぼいドラムセットを使ってたのが結構ショックでした(笑)

 
yoshikiのトップ


 XX-JAPAN)のアルバム


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | X(yoshiki)

yoshiki(X)のスタイル

yoshikiのスタイルといえば、

激しい
の一言につきると思います。
とにかく頭振ってます。
後半は首にコルセットつけてましたが。
(首は結構ヤバい状態になってたみたいです)

あんだけ激しく演奏したら痩せるでしょ。
ダイエットにはイイかもしんないけど。

Xと言えばテンポが速い曲が多い。
(最初の頃はスラッシュって紹介されてたくらいに)
ヘビメタでテンポが速いとなれば、
ドラムツーバスをドコドコやるのがセオリー(?)なんですが、
Xくらい速い曲が多いとライブで大変だろうなぁ…
yoshikiの場合はほとんど走ってるようなもんだし。
それに加えて頭振ってるし(←しつこい?)

オルガズムの途中で、生演奏からリズムマシンに切り替えて
yoshiki自ら客席に降りて炭ガス吹きまくるってのもお約束になってました。
(その時yoshikiを肩車したり、後ろでボンベ持ってたのがGEORGE(LADIES ROOM)でした。)

デビュー当時は華奢な感じだったのですが、
医者の薦めもあって解散間際にはかなりの筋肉マンになってて、
顔の小ささと、筋肉モリモリの上半身がアンバランスで結構ショックでした。

 
yoshikiのトップ


 XX-JAPAN)のアルバム


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | X(yoshiki)

yoshiki(X)の演奏

yoshikiドラムの演奏については
ネット上でも肯定派、否定派にわかれていろいろと言われていますが、
私もちょこっとだけ意見を述べたいと思います。
yoshikiは熱狂的なファンが多いので少し恐いですが…)  

高校時代に私自身がバンドを演ってたころ、正直に言うと
yosikiは凄いっ!
yosikiはウマイッ!
って思ってました。
当時私は、もうヘビメタしか聴いてなかったし、
ドラムについての理解も少なかったので、
純粋にそう思っていました。

ですが、だんだんとヘビメタ以外の
ジャズ、ブルース、ファンク、ポップス
なんかも聴くようになり、色んなドラマーを知るようになると
考えが変わりました。
今もそう思うのですが、
yoshikiはウマイというより速い。
と言った方がよいのではないかと思っています。

もちろん、日本も含めて世界にはyoshikiより『速い』ドラマーはたくさんいますが…
ただ、Xのライブは2時間半くらいあります。
途中は延々とリズムマシンでyoshikiは叩いてない時間も結構ありますが、
ラストの曲は間違いなく『 X 』な訳です。
ツーバスをドコドコやる『 X 』なんですね。
単発的にツーバス(に限りませんが)を早く叩く(踏む)のは結構可能な訳で、
MAD(ANTHEM)も意外と(笑)速いし、
Katsuji(GARGOYLE)なんかは単発的にはyoshikiより速いのでは??
とも思います

でも、Xはテンポが速いツーバスの曲が多くて、
『 BLUE BLOOD 』
『 STEB ME IN THE BACK 』
『 VANISHING LOVE 』
『 I’LL KILL YOU 』
『 オルガズム 』
なんかをさんざんやって、二時間半後に『 X 』を演奏する。

これは結構凄いことだと思っています。
しかもあのフォームでやる訳だし。
というのがyoshikiドラムの演奏に対する意見です。

誤解のないように言っておきますが、
私はyoshki大好きですので♪

 
yoshikiのトップ


 XX-JAPAN)のアルバム

 


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 00:27 | Comment(4) | TrackBack(1) | X(yoshiki)

yoshiki(X)のフレーズ

yoshikiの得意なフレーズと言えば、
手と足を連動した

1.タカドコタカドコタカドコタ
 (手)(足)(手)(足)(手)(足)(手)

や、


2.(ズ)タカタ(ズ)タカタ(ズ)タカタタカタカ

注)(ズ):ハイハット+バス
  タカタカ:スネア
伝わりますかね?(笑)

なんてのがあってこれを高速でやってます。

1のフレーズはyoshikiに限らず、ヘビメタ系のツーバス使いはよくやってましたね。
曲のオカズとしてはもちろん、曲終わりに客を煽っている状態でもよく使います。

この他に、フレーズとは違いますが、
yoshikiの場合、ツーバスでドコドコやってる曲で使うパターンとしては

リフ → ず〜っとドコドコ
唄裏 → ドッタンドドタンドドタドッドタン
サビ → ず〜っとドコドコ
伝わってんのか…(笑)

テンポの速い曲はほとんどがこのパターンですね。
yoshikiお約束といってもイイでしょう。

唄を邪魔せずに、ツーバスの迫力(ドライブ感?)も出せる上に
メリハリも効く、私も大好きなパターンです。

メリハリという点では、
『 Stab Me In The Back 』のサビもツーバスのパターンにメリハリをつけて
うまく煽ってるって印象です。

yoshikiはテクニック的に難しい事は、
ほとんどやってない(速いので難しく感じる部分もある)と思いますが、
他のヘビメタドラマーに比べて手と足を連動したフレーズは比較的多かったんじゃないかなと思います。

yoshikiは手首は使わず、腕でスティックを振ってる感じですが、
あれでよくあの速さで叩けるもんだなぁと変に感心したりもします。
良い子のみんなはマネしちゃだめョ♪

 
yoshikiのトップ


 XX-JAPAN)のアルバム

 


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 20:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | X(yoshiki)
  ツーバス・ツータム・ツーフロア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。