ライブの楽しみ

ライブを見に行く時ってどんな楽しみ方してましたか?
私は自分でバンドをやり始めてから見たライブは、曲にのるっていうより、

ここどんな風に叩いてんだろう?
アルバムではフェイドアウトだったけど、ライブではどんな風に終わるんだろう?

とか考えながら見てました。
バンドやドラマーによって、
ライブへのこだわりは当然違うわけで、

アルバム通りに演奏したり、
アルバムとは全然違うアレンジで演奏したりなんですが、

DEAD ENDはアルバムとライブは別と考えて、アルバムは創り込んで、ライブではライブ用のアレンジで演奏するって雰囲気の事をMORRIEが言ってましたね。
特にメジャー2枚目の『 SHAMBARA 』なんかいっぱい被せてあるし、ライブの事なんて全く考えてなさそうです。
曲に入る時も単純にカウントじゃなかったり、特に湊のオカズやリズムパターンはアルバムと違ってる部分が多くて、かなり素敵(笑)でした。


それに対してLOUDNESSXは割とアルバムに忠実なイメージがありますが、なかでもMR BIGはライブでアルバムを忠実に再現するっ!!ってビリー・シーンが雑誌で言ってました。
『 Colorado Bulldog 』のイントロなんかライブで3人で合うの??
って思いましたが、まぁあの3人なら簡単な事なんでしょう。

(何を食ったらあんなに弾けたり、叩けたりするんだろうか…)
 

MOTLEY CRUEというより、トミー・リーはどちらかというとライブ用のフレーズが多かったですが、
『 WILD SIDE 』のイントロで両手で16で刻みながら金属音までムリヤリ入れてた事もありました。
(何故そこはこだわるんだ?)
そういえば、最近見たライブでは『 LOOKS THAT KILL 』の鐘もやってくれて嬉しかった。
(お約束っつ〜か、吉本新喜劇で『ごめんくさい』を見た時と同じような気持ちになった)

しかし、LOUDNESSのライブは音がでデカイっ!!
耳が痛てぇ〜っ!!
まぁLOUDNESSっていうくらいだから、イイっちゃぁイイんだけどね。


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 02:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブへのこだわり
  ツーバス・ツータム・ツーフロア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。