バスドラムの叩き方

バスドラム叩き方にはいろんなものがありますね。
っていうか、バスドラムの場合は叩き方? 踏み方?
まぁ、そんな事はどうでもイイのですが。

よく聞く奏法としては
  • オープン奏法
  • クローズ奏法
  • ヒールアップ奏法
  • ヒールダウン奏法
  • アップダウン奏法
  • スライド奏法
なんてのがありますね。


オープン奏法クローズ奏法っていうのは、バスドラムを叩いた時にビーターを打面に押し付ける(クローズ)か、すぐ離す(オープン)かって違いです。
オープン奏法の場合は、ドーンって鳴るのに対して、
クローズ奏法の場合は、ドンッって感じでミュートされます。
両者を使い別けると、同じリズムパターンでも聴こえる音が変わったりします。
ドーンオープンドンックローズとすると

ドーン タッ ドドンッ タッ ドーン タッ ドドンッ タッ

なんて、感じでリズムパターンに音の変化をつける事ができます。
ただし、比較的音の小さなバンドじゃないとほとんど違いは聞き分けられません。
ハードロック系のバンドでやっても、誰も気付かないでしょう(笑)


ヒールアップ奏法ヒールダウン奏法っていうのは、バスドラムを叩く際にカカトが床(ペダル)に付いている(ヒールダウン)か、浮いている(ヒールアップ)かって違いですね。
ヒールダウン奏法はジャズなんかで使われる事が多いと思います。
大きな音はでないのでハードロック系には向いてません。
ちなみに、ヒールダウン奏法バスドラムを叩き続けるとスネが熱〜くなってきます(笑)

ハードロック系のドラマーはほぼヒールアップ奏法だと思います。
もちろん私もヒールアップ奏法です。
っていうか、ヒールダウン奏法はできません(笑)


アップダウン奏法スライド奏法っていいうのは、バスドラムのダブルアクションのやり方なんですが、膝が一回動く間に2回音を出すのがアップダウン奏法で、足をペダルの上で下から上にスライドさせて2回音を出すのがスライド奏法です。
いわゆる、「ドドッ」っていう音を出す時のやり方なんですが、人によってどっちを使うのかはまちまちのようですね。速いテンポになるとスライド奏法を使う人が多いかも?
樋口(LOUDNESS)ドラムソロで「ドドッ ドドッ ドドッ ドドッ 」っていうお約束パターンがありますが、あれはスライド奏法でやってたと思います。(記憶が確かではありませんが)
ヘタッピの私には、スライドさせて2回音が出る意味がわかりません(笑)
なので、私の場合スライド奏法は成功したり失敗したりと、個人練習意外では全く使い物になりません♪


バスドラムって単純にペダルを踏めば音が出るのですが、意外といろいろな奏法がありますね。
ウマいドラマーになるほど、一つの奏法だけじゃなくて、いろんな奏法を使い分けてます。
ただ、手と違って足で操作するだけに、慣れるまでが結構大変なんですけどね。

ハードロック系の場合、バスドラムは「速く&大きく」音が出せるほどイカスという評価になる傾向があります(笑)ので、頑張っていきたいものです。
あと、リズムパターンのバスドラムの音は大きいのに、「ドドッ」って無理して入れたオカズだけ
音が小さいとシャバシャバなので注意しましょう♪

 


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 23:31 | Comment(33) | TrackBack(1) | ドラムの叩き方
この記事へのコメント
おはよう!

僕は完全にクローズでヒールアップやなぁ。
オープンなんか気にしてたら叩かれへん。(笑)
ヒールダウンは個人練習で使ってました。
トミー・李さんが云うように、スネが熱くなっても
5分間連打する(テンポは90の8分音符やったかな?)
という体育会系練習してました。(^^ゞ
ラウド好きに限らずだけど、ウラの練習もしなかった?
僕はワンバス派なので、フロアとバスでツーバスもどきの練習もしたけどモノに出来ず・・・。
スティーヴガッドがやってた練習で
左足でバス、右でハットというのもやったけど
モノに出来ず・・・。(笑)
ポンタさんはオープンをかなり意識してるみたいやね。
「これじゃないと鳴らねーよ!」みたいな。

わたしはひとつの事しか出来まへん。(T_T)
Posted by Jen at 2006年09月05日 06:55
俺はヒールアップしか出来まへん
ずい分昔にダウンを練習しようと思ったけど止めました
バカな質問で悪いんやけど
ダウンってどんな効果があるんですか??

バスドラムのオープンとクローズは
ここではじめて知りました
今まで意識した事なかったな〜
単調なパターンでもメリハリやノリが出せそう
面白そうやな〜
練習してみます
Posted by next at 2006年09月05日 18:59
トミー・李さん こんばんは☆
こちらからリンクさせていただきましたので
ご報告に参りました。よろしくお願いします。

さすが、ドラムの先生ですね〜。
近くなら教わりにいきたいくらいです。
私は「太鼓の達人」がやっとできる程度(恥)

前、お聞きしたかもしれませんが、
今バンド組んでいらっしゃるのですか?
また来ますね☆


Posted by lemo at 2006年09月05日 21:30
Jenさん コメントありがとうございます♪

私も、基本クローズでヒールアップなんですが、曲によってはオープンを使いたかったりします。
しかし、ヒールダウンで5分間連打は私にはまずムリですね(笑)
体育会系な練習はひぐちっちの影響でしょうか?

ラウドドラミングでは、バスはウラに入っているようですもんね。
ラウドドラミングは一応アタックはしてみたのですが、速攻断念しました(笑)
ツーバス踏む方が絶対簡単です♪

ところで、「左足でバス、右でハット」ってどういう風にやるのですか???
Posted by トミー・李 at 2006年09月05日 22:30
nextさん コメントありがとうございます♪

私もヒールアップしかできないんですが、ヒールダウンは慣れると小さい音を出しやすいようですね。ダイナミクスに変化をつけたい場合などには効果的でしょう。
ただし、バンドの音が大きい場合には全然向いてないすけどね。
あと、ヒールダウンは足首のコントロールが身に付くのでJenさんのように練習方法としてもイイかもしれませんね。

オープンとクローズは、ゴーストやハイハットのアクセントなどと組み合わせると、またイイ感じになるかもしれませんね。
Posted by トミー・李 at 2006年09月05日 22:40
lemoさん コメントありがとうございます♪

全然ドラムの先生じゃないですよ♪
私は最近ドラムに復帰した「なんちゃってドラマー」の1号です(笑)

バンドは最近お誘いを受けたので、今練習(リハビリ?)中です。
近いうちに初練習になる予定です♪
全然カンが戻ってませんが(笑)

リンクありがとうございます!
早速私の方もリンクさせていただきます♪
Posted by トミー・李 at 2006年09月05日 22:56
どうも、最近やっとオープンとクローズの使い分けが出来るようになってきました、嬉しいかぎりです。
右でバスドラ左でハットって多分スカ系のリズムとかにある「チーッ、チ、タ、チーッ、チ、タ」とかのやつの事ですかね?(わかりにくい説明スンマセン)そんな私はダブルを両足でやってしまうヘタレですOrz
Posted by gargo at 2006年09月05日 23:25
連投スンマセン(笑)
左でバス右でハットでしたね(笑)
おそらくポンタさんの様な3バスとか五十嵐公太さんの様なリモートバスドラムを使ってる人の事じゃないでしょうか?
僕の師匠はドラムソロの時に右側に置いたパット類やキャノンタム等を使うのですがその時に完全に右向きになってしまうので右側にハットを置いて左でバスドラムを踏んで叩いていました。
まぁこれはあくまでウチの師匠の話なので一般的にはどうかわかりませんが
Posted by gargo at 2006年09月05日 23:35
足を使うのって、やっぱり難しいんですね。
しかし、バスドラム一つでこんなにたくさんの奏法があるとは…。スライド奏法なんて、説明を読んでも状況が把握できません(笑)。やっぱりドラマーの方は凄いなーと改めて感心してしまいました(笑)

Posted by Hira at 2006年09月05日 23:48
gargoさん コメントありがとうございます♪

オープンとクローズ使い分けられてますか?
いいなぁ。
私は気を抜くとオープンになります(笑)

ダブルを両足っていうのはよくわかります。
私も昔はそうでした。
人間は楽な方へ行ってしまうものです(笑)

gargoさんの師匠はなかなか器用な方なんですね!
っていうか、そんだけのセット&ドラムソロって事は素人の方じゃないのでしょうね♪
トミーリーも3バスの時はツインペダルを使って、いろいろやってましが、そんな感じなんですかね。
Posted by トミー・李 at 2006年09月06日 01:00
Hiraさん コメントありがとうございます♪

足は難しいですね。
特に左足なんて全くです…(笑)

スライドは足をスライドさせてるだけなんですが、なんで2回音がでるのか私も意味がわかりません(笑)
いやぁ、他のパートも同様ですが、ちゃんと出来るドラマーの人はスゴイですよ♪
私も「なんちゃって」じゃないドラマーになってみたいです(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年09月06日 01:04
こんばんは〜

単純に、右利きセットの右側に・・・フロアどけて
ハイハット置いて練習するってだけです。(^_^)
右足でハット操るのも難しいし、左足も同じく。
やっぱプロのやる練習はちがいますよね〜
Posted by Jen at 2006年09月06日 18:52
Jenさん コメントありあがとうございます♪

あぁそういう事ですか。
右足でハイハット操作するのって難しそうですねぇ。
なんかそれ面白そうですね。
今度やってみます♪
Posted by トミー・李 at 2006年09月06日 22:24
トミーさん、こんばんは!

すげー、いろんな用語が書いてありますね。
独学でドラムを覚えたボクは、スライド奏法位しか分かりませんでした(泣)

記事読んで気付いたんですが、ボク、基本はヒールダウンだ。かかとついてる。

言われてみれば、バスドラの音小さい気がしてきた…。
こんだけドラムやってんのに、初めて知りました。


Posted by Kenzo at 2006年09月07日 01:41
kenzoさん コメントありがとうございます♪

私もドラムは独学ですよ♪
っていうか、私はなんでも独学なんで、いっつも途中までです(笑)

ヒールダウンで通されてるドラマーさんは結構珍しいのでは?!
今までず〜っとヒールダウンだったって事は、かなり足首のコントロールをマスターされているでしょうね。
これで、ヒールアップを加えられたら、かなりスゴイ事になるでしょうね!!

Kenzoさん!
かなり羨ましいです(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年09月07日 22:05
こんばんわ!!
今日は、夜行性になってるワタクシでございます。。。(苦笑)

良かったら、Drアドバイスを、こちらからお願い致します!m(_ _)m

http://tpod82shinchan.dokyun.jp/archive/l-261239.html
Posted by あき at 2006年09月08日 02:40
トミーさん。こんにちは。お久しぶりです。バスドラの奏法ですか!?僕の場合は実は足に関しては特別な意識を持ったことはないんですよ(苦笑)すごいドラマーなんかは、オープン、クローズとか使い分けてるみたいですけど、どっちかと言うと、僕の場合はクローズが主ですね。よっぽど高速のフレーズ以外はスライドなんかも使わないし・・・。純粋にいろんな足技を持ってるドラマーは羨ましいと思います。
Posted by Gori at 2006年09月08日 10:28
あきさん コメントありがとうございます♪

では、そちらに書き込みましょう。
Posted by トミー・李 at 2006年09月08日 23:59
Goriさん コメントありがとうございます♪

私もクローズがメインです。
オープンは、踏んだ後のビーターを止める為にペダル操作するのが難しくて…
実はGoriさんの足は、スライドとかほとんど使わなくてイイくらい速いとかでは?(笑)
足技持ってるドラマーは確かにうらやましいですねぇ。
足技に限った事ではありませんが…(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年09月09日 00:05
トミー・李さん こんばんは。

バスドラですか・・・。
大昔に組んでたウチのバンドのドラマー。
ツーバスドコドコやってると思いっきり前進してきてました(笑)
やはりヒールアップだったんでしょうね(それ以前の問題か?)
Posted by とおる? at 2006年09月09日 00:31
とおる?さん コメントありがとうございます♪

間違いなくヒールアップですね(笑)
バスが前に進んでしまうのは結構あるんですよね。
床が滑りやすいと、バスやハイハット、スネアがいろんなトコに行ってしまいます(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年09月11日 00:27
こんばんゎ★トミー先生!いつも小さな事でもドラムについて教えて下さってありがとうございます!o(^-^)o
これからもご指導よろしくお願いします!(^人^)

Posted by あき at 2006年09月12日 00:08
はじめまして!皆さんこんばんは!
今ツーバスをどうすれば早くできるかすごく悩んでます。やはり少しずつテンポを早くして行くのが一番の練習法なんでしょうか?教えてください!お願いします!
Posted by X大好き at 2006年09月12日 19:50
お久しぶりです!!しばらく消えてましたがまた復活しました。

URLは以前と変わりませんが、名前が変わりました(汗)「らうど日記」って感じで・・・
よかったらまたお付き合いの方をお願いします。

ちなみに自分はメタルをやるときは「ヒールアップ」で、ジャズとかは「ヒールダウン」ですね、普通のポップな曲とかもダウンでしますね^^
Posted by 康介 at 2006年09月12日 20:14
あきさん コメントありがとうございます♪

ドラムの他に、ギターやベースも大変でしょうが、がんばって下さいね。
私にできる事なら色々と協力しますよん♪
一緒にうまくなっていきましょう!
Posted by トミー・李 at 2006年09月13日 01:06
X大好きさん 初めまして!
& コメントありがとうございます♪

ツーバスの速度ですねぇ。
なるほど、X大好きといわれるだけあって、やはりスピード重視ですね。

正直、私自身yoshikiのような速いテンポのツーバスはできないので説得力に欠けますが…(笑)
私なりの考え方を少しだけ。
少しずつテンポを速くされていくのも一つの方法で一番確実かと思われますが、短い区切りで練習する方法もあるかと思います。
最初は「ドコドコタ」を繰り返して、目標のテンポでできるようになったら、少し長くして「ドコタコドコタコ」これができるようになったら又少し長くして。って感じです。
ダブルストロークの練習の応用みたいな感じですが、感覚を掴むのにはイイかもしれません。
後は、イスの高さを変えてみられると意外とイカスポジションがあったりする事もあります。
ツーバスドコドコの場合は足がフリーになるので、体のバランスが大切ですね。
参考になったかわかりませんが…一度お試し下さい♪
Posted by トミー・李 at 2006年09月13日 01:17
康介さん コメントありがとうございます♪

でしょ!?
この間康介さんのブログに遊びにいったら、なくなっててビックリしましたよ!!
復活されてよかったです。
こちらこそ宜しくおねがしいます♪

康介さんはヒールダウンとヒールアップを使い分けられてるんですねぇ。
ヒールアップオンリーの私には到底マネできませんなぁ…(笑)
っていうか、意外とヒールダウンの方もいらっしゃいますねぇ。
ちょっと驚いてます。
Posted by トミー・李 at 2006年09月13日 01:25
ドラム2回目でツインペダルはまだ早いですね(w
しかも昔PUNKなんで、使い所があまり無い!
目立ち過ぎ(w
Posted by たらー at 2006年09月16日 00:09
たらーさん コメントありがとうございます♪

全然問題ないですよ!
ツインペダルを使うのなら最初から使われてた方が絶対イイですよ♪
普通に考えるとPUNKにツーバスのフレーズは微妙ですが、そこをあえてやっていくのもカッチョイイと思いません??
「いやいや。わかってやってるのよ。俺は♪」
って感じで。
ガンガン目立っていきましょう!
Posted by トミー・李 at 2006年09月16日 13:59
アナーキーインザU.K.でツーバスは
五月蝿いと言われちゃった(ρД≦)。.・:。
でも、やりまくってやりますよヽ(#`皿´)ノ

目指せ、Slipknot!
Posted by たらー at 2006年09月16日 17:40
たらーさん コメントありがとうございます♪

ウルサイってですか?
まぁ他のバンドのメンバーの意見もわからんじゃないですが(笑)

でも、MOTLEY CRUEがカバーしているアナーキーはツーバスですよ♪

>目指せ、Slipknot!
って、たらーさんのパンクバンド…なんですよねぇ…?(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年09月16日 22:41
皆さんがんばってますね!
今日このページを知りました。43才でドラムを始めて3ヶ月です。バスドラも含めどうすれば音が前に出るかを研究して叩いています。バスドラも色んな叩き方を研究していますが少し上手になったり下手になったり大変です。ドラムクリニックとかを探しています。
Posted by もう at 2006年10月01日 23:20
もうさん 初めまして♪
&コメントありがとうございます。

ドラム始めて3ヶ月で、「音が前にでる」とかって事を考えてあるのはスゴイですねぇ。
私なんて、3ヶ月目くらいの時って、スティック回す方法とか調べてましたから(笑)
ドラムクリニックですか。
私も一回受けてみたいんですよねぇ。
そういうの♪

お互いドラムがんばりましょう♪
Posted by トミー・李 at 2006年10月02日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23266646

この記事へのトラックバック

◆ヤマハ マーチングバスドラム MB-620E
Excerpt: >シェル:バーチ+メランティ 6プライフープ:オールバーチ 10プライヘッド:スムースホワイトサイズ:20×13インチ(51cm×33cm)ボルト数:10本×2重量:7.9kg付属品:チューニン..
Weblog: ドラムをあなたに捧げます
Tracked: 2007-09-08 13:21
  ツーバス・ツータム・ツーフロア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。