バスドラム

バスアドラムとは、ドラムセットの中で唯一足(ペダル)で音を出す太鼓です。
通常は「バス」「バスドラ」「ベードラ」って呼ばれてます。
バスドラムっていうくらいなんで、一番低い音になります。
昔はドラムのフロント側のヘッドに絵を描いてるドラマーが多かったですね。
あと、バンドのロゴを描いてたり。
yoshiki(X)は昔、自分の顔を描いてましたね)

このブログのタイトルにもなってますが、バスドラムは2個使う場合と1個使うドラマーに別れます。
ツーバスとワンバスですね。
(例外的に、トミー・リーの3バスや、TOSHI(COLOR)の4バスなどもありますが)
ジャパメタ全盛期にはツーバスドラマーがたくさんいましたが、今ではめったに見かけません。
今でもツーバス組んでるドラマーってJOE(44MAGNUM)くらい??
(っていうか、既に44MAGNUMではありませんが…笑)

バスドラムの胴(シェル)の材質は、『木』が主流ですが、もしかしたら『金属』もあるかも?
【木】

  • メイプル
  • バーチ
  • マホガニー
  • オーク
なんかがあります。

バスドラムの口径は、20〜22インチくらいが一般的でしょうが、ジャパメタ全盛期のドラマーはほとんどが24インチだったんじゃないでしょうか。
そんななか、MAD(ANTHEM)は26インチのバスドラムを二つも使っている硬派(?)なツーバスドラマーでした。
最近では、樋口(LOUDNESS)も26インチを使っているようですが。
あと、26インチのバスドラムで忘れてはならないのが、ボンゾ(Led Zeppelin)とトミー・リー(MOTLEY CRUE)ですね。
26インチのバスドラムはかなりの威圧感がありますが、大きいのでタムのセッティングに自由度がなくなったり、ビーターが太鼓の中心から結構下にあたるなどの問題もあるようです。
でも、26インチのバスドラムのインパクトはスゴイ♪

バスドラムっていうと、足でペダルを操作して音を出すわけですが、足って思うように動かないんですよねぇ(笑)
「これって私の足だよねぇ?」
って言いたくなる時がしょっちゅうあります♪

足技で思い浮かぶのは樋口のドラムソロです。
『 8186 LIVE 』にも収録されていますが、
「ドドッ ドドッ ドドッ」って片足でやってます。
かなり速いです♪
ダブルアクションっつ〜か、スライドっつ〜か。
(樋口はスライドですかね)
とにかく、マネするとスネが熱〜くなります(で結局マネできない 笑)
アルバムレビューの『 DISILLUSION 〜撃剣霊化〜 』でも書きましたが、
「あんだけ足が速く動くんだから、もっと足技使ったフレーズやればイイのに!」とも思います。

足技といえば樋口を思い浮かべると書きましたが、私の中で一番スゴイ足技を使うのはボンゾです。
デビューアルバム『LED ZEPPELIN』の1曲目『 Good Times Bad Times 』です。
奴の右足には神が宿ってます(笑)
っていうか奴は神です。
ゴッドです(エネルではない)
みなさんこの曲はご存知だと思いますが、聴いた事がない方はゼヒ聴いて下さい!!
間違いなく神ですから。
速さももちろんスゴイのですが、4/4の曲に3連のバスで、しかも3連の頭を抜くっていう発想がかなりツボです。

ここで補足しておきます。
世の中には、人間の範囲を超えた足技を持っているドラマーはいっぱいいます。
ボンゾだけが、最高だっ!ってワケではありませんので。
神って意外といっぱいいます(笑)

あ〜久しぶりにツーバスをドコドコやりたいなぁ♪
もう出来ないけど…笑

 
ドラムのパーツ


今回のはまぁまぁかなって方はこちらへ → にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
今回のはツマラナイって方はこちらへ → ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by トミー・李 at 23:54 | Comment(20) | TrackBack(1) | ドラムのパーツ
この記事へのコメント
夢はツーバス!!どもっ康介です^^

自分の好きな"HIGH and MIGHTY COLOR"ってバンドのドラマーSASSYはツーバスですよ!!ポップな曲でも平気でドコドコ鳴らしてるから笑えてきます^^

あとは以前に書いたようにSlipKnoTのJOEYですね、彼のツーバス連打を聴くと笑いが止まらないですwwwすごすきて...
Posted by 康介 at 2006年08月16日 00:48
トミーさん。こんばんは。実は僕は数年前までバスドラに関して、特別な意識を持ったことがないんです。(苦笑)それまで、けっこう自分では強いキックが踏めているつもりでいたのですが、3年前ぐらいに、地元のバンドでヘルプで叩いた時に「キックが弱い」と指摘されたのです。この事がきっかけで、もう一度“フットワーク”について見つめ直すようになりました。確かに僕もボンゾ大好きなんで、彼の足技には今だシビれまくりです。実はこんな逸話がありまして、Zep結成当初はボンゾは2バスでプレイしたがってたそうです。それでスタジオに2バスをセットしたらしいのですが、Zepの他のメンバーが2バスを毛嫌いしていて、ボンゾがトイレに行った隙にもう1個のバスドラを隠してしまったそうです。これはコアなボンゾフリークの間では有名な話です。トミー・リーは26以外にも28も使用していた時期がありましたね。マグジョー(JOE)は44時代は26の2バスだったんで、当時の僕は26に憧れました。僕は現在はメインのバスは20インチと小口径ですが、これで満足しています。大きくても22で十分ですね。小さい口径で深めのバスは低音が固まりで出て行くような気がして踏んでいて気持ち良いです。大きいバス特有のふくよかな低音も良いですけど、今の自分の気分は20インチのバスドラの音が好みです。でもいつかは26インチのバスドラにも憧れますね。
Posted by Gori at 2006年08月16日 01:19
バスドラムで当時度肝を抜かれたのが、DEADENDのTANOさんでした。
ヘビーメタル全盛期の頃、トミさんが書かれてた通り、26インチ(口径が大きい)の2バスを組んで、パワーのあるプレイ!!ってのが主流でした。

そんな中、TANOさんは1バスにこだわり、あのトリッキーなプレイはどうやって???と不思議に思っていたら、ツインペダルを使用していることが発覚しました。(レコードを録音した当時は1バス1ペダルで2バスのようなプレイを目指してたそうです)

樋口さんとかボンゾのテクニカルなドラミングは本当に神業でしたね。もう、雲の上って感じで、私の中ではMADさんや、UMEちゃんやJOEさまのタイト(あくまで私の中です)なプレイに惹かれて行きました。

…何書いてるか分からなくなってきましたが、久々に熱くなってしまいました(^^ゞ
Posted by こぶろー at 2006年08月16日 02:28
ツーバスはやった事ないです。
ワンバスですら危ういから。(笑)

HR/HMドラマーじゃないけど、ツーバス組んでるの
TOTOのサイモンフィリップスとか。
ポンタさんは変態的ベードラセッティングしてるよね。(笑)

ひぐちっちのドドッドドッってすごいよね。
サンバキックとかボサノバとかってしんどいよね。(^^;)

俺もタイコ叩きてー!
今は怒りのドラムにしかならないけど。。。
Posted by Jen at 2006年08月16日 22:04
今晩は〜
僕は20インチです〜ただし押入れに
片付けてありますが(汗)
ツーバスって言ったら『出原卓』さんでしょう!
僕のブログにJILLさんのHPのバーナー貼ってあります(JILLさん公認)そこで卓さんの演奏見れますよ(ちょっとだけですが)ぜひ〜
Posted by rereo roro at 2006年08月16日 22:30
康介さん こめんとありがとうございます♪

『 SlipKnoT 』は名前をよく聞きますが、『 HIGH and MIGHTY COLOR 』ってバンドは初耳ですねぇ。
康介さんはツーバス大好きって感じですね♪
イイことです(笑)
ポップな曲でも気にせずにツーバスドコドコやってるってのも、ある意味イカスドラマーですね。
漢って感じでナイスですね♪

康介さんも、速攻ツーバスGETしてドコドコいわせましょうよ♪
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 01:26
Goriさん コメントありがとうございます♪

ボンゾがツーバスやりたかったとは知りませんでした!!
しかし、勝手に人のバスを隠すて…
有名な話なんですか???
私は、コアなファンではないので、確実に知りませんでした(笑)

トミー リーやJOEの話題も出てくるって、Goriさんて結構ハードロックも聞かれてるんですね♪

20のバスで、ドーンと低音を出してるドラマーさんは、なんちゃってドラマーの私からしたらカッチョイイですねぇ。
チューニングをちゃんとやらないと低音は出にくいでしょ?
私はなんちゃってドラマーなんで、太鼓の選択やセッティングは見た目重視なんで(笑)
私もそろそろ、Goriさんみたいに音やチューニングについて話できるようになりたいです…(涙)

しかし、ヘルプがキッカケでキックを見つめ直す事ができて良かったですね♪
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 01:37
こぶろーさん コメントありがとうございます♪

おぉぉTANOですか?
私は『 DEAD LINE 』はあまり聴いていないのでわかりませんが、確かにワンバスと思っていたらツインペダルを使ったフレーズはトリッキーですよね♪
(ある意味反則でもあるのか?笑)
しかしTANOってツインペダルだったんですね。
当時はツーバスが主流だったのに、あえてワンバス+ツインペダルにしてたのは、TANO流のこだわりだったんでしょうね。
そういうの好きです♪

樋口やボンゾは別世界の方なんで(笑)
JOEも若い頃からかなり評価は高かったようですもんね♪
今でも生残ってるくらいだし。
タイトって言葉にはかなり憧れます!!
UMEちゃんのドラムは私の中ではパワフルってイメージですねぇ。

これからも熱〜くなって、バシバシコメント下さいませ♪
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 01:46
Jenさん コメントありがとうございます♪

まぁ私もワンバスやり切れてるかっていったら…(笑)
でも、ツーバスがイイっす♪
見た目で(笑)

ジェフポーカロの後継がサイモンフィリップスだったんですねぇ。
知りませんでした…
もしかしてジェフポーカロもツーバスだったんですか??
(もしくはツインペダル?)

ひぐちっちのあの足技はスゴイっすよね。
私もサンバキックとかはチャレンジした事ありますが、スネが熱くなるだけで…速攻断念しました(笑)

怒りのドラムでもイイじゃないですか!!
ガンガン叩くと気分も爽快になるかもしれませんよ♪
Jenさん!いっちょ、やってみましょうよ!!
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 01:56
rereo roroさん コメントありがとうございます♪

rereo roroさんも20インチですか。
カッチョイイなぁ♪
私の24インチもしっかり押入れの中です(笑)

さっそく拝見させて頂きましたよん『出原卓』さん♪
私は初めて見ましたが、TAMAのツーバスなんですね。
もう少し大きい画像はないですか???
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 02:28
ツーバスをドコドコできる人ってカッコいいですよね。あの重低音がホントたまらないです。
でもやっぱり足で叩くのって結構難しいんですね(笑)
Posted by Hira at 2006年08月17日 09:17
Hiraさん コメントありがとうございます♪

ツーバスドコドコできる人って、ホントカッチョイイですよねぇ。
ですが、私には結構難しいですねぇ…
『 MOTLEY CRUE 』の『 LIVE WIRE 』くらいが限界です(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 13:32
どうも(*´∀`*) 
ART OF LIFEのTOBOです。 
 
先日は貴重なコメントありがとうございました! 
 
ドラムについて、とても、お詳しいですね♪ 
とっても勉強になります。 
 
それにしてもYOSHIKIがドラムのヘッドに自分の顔を書いていたのは初耳!  
70へぇですw(古いかな? 
どのくらいの時期なのでしょうか? 
 
そして3バスや4バスも有るなんて初耳(((゚Д゚))) 
どのように叩くのでしょうか…。 
すごく興味が有ります! 
 
話が変わってしまいますが、もし良かったらリンクさせて頂けないでしょうか? 
 
それでは、お邪魔しました〜。
Posted by TOBO at 2006年08月17日 14:50
TOBOさん コメントありがとうございます♪

残念ながら私は「なんちゃってドラマー」なんで、全然詳しくありませんよ(笑)
毎回みなさんのコメントでイロイロ教えて頂いてます♪
「知らなかった…」の連発ですよ(笑)

yoshikiのヘッドの絵は『 VANISHING VISION 』の頃までだったんじゃないですかねぇ?
記憶が曖昧ですが…
TOBOさんのブログのプロフ写真の頃も使ってたかもしれませんね。
70へぇなら「まぁまぁ」ですかね(笑)

4バスは外側二個は叩いてない可能性が高いでしょうね。
ほとんどファッションですね。
トミー リーの3バスはツインペダルを駆使してたようですよ♪
ライブでバスの音を変えたいって事だったようですが、多分私には聴き別けることはできないでしょう(笑)

リンク頂けますか?
感謝です!!
では、私の方もリンクしておきますね♪
よろしくお願いします。

また、遊びにいきます!
Posted by トミー・李 at 2006年08月17日 15:37
こんにちは!
トミー.リーの28インチは、でかかったですね〜。 昔、樋口さんが、「俺も、28インチにしたかったけど、ヘッドがマーチングバンド用のしか無くて、音が悪いからあきらめた。」って言ってたのを思い出しました…。
私、楽器はやって無いので、見る専門です。 樋口宗孝ファンです。今から、11月の25周年ライブを楽しみにしとります。李さんは行かれますか?
Posted by かのん at 2006年08月17日 16:10
こんにちわ〜。
そうそう!昔はツーバスのドラマーって多かったですね。
ギター以外の楽器(ベース、ドラム)も派手なバンドやプレーヤーが好きなので、yoshikiとか樋口さんは「カッコイイー!」と思ってました。

44MAGNUMとか、COLOR・・・懐かしい!
Posted by mari at 2006年08月18日 08:56
かのんさん コメントありがとうございます♪

28インチはかなりのインパクトでしょうねぇ。
もはやドラマーは見えないのでは?(笑)
なるほど、28インチにもなると、ヘッドもないんですねぇ。
需要も少ないでしょうしね♪

かのんさんは楽器やられてないんですね。
樋口ファンならソロアルバムもGETですか?
私は福岡県民なんで、25周年ライブは観に行けません…
田舎はつらい…
なので、かのんさんライブレポートよろしくお願いします(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年08月18日 19:06
mariさん コメントありがとうございます♪

昔はツーバス全盛でしたからねぇ♪
確かに、yoshikiや樋口はパフォーマンスもガンガンだったからですねぇ。
パフォーマンスならJOE(44MAGNUM)とかも派手でしたよね。

COLORに反応して頂いたのはmariさんが初めてかも?(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年08月18日 19:54
見た目はワンバスよりもツーバスの方がカッコイイですよね。
でも樋口さんのようにワンバスにこだわり、ワンバスだけで
あのドラムソロのバスドラの早業をするのもカッコイイです。
ちなみに僕が昔やっていたバンドのドラムさんは
ツインペダルも使っていました。
Posted by osamu at 2006年08月18日 22:46
osamuさん コメントありがとうございます♪

見た目は断然ツーバスですよね♪
当時のハードロックでワンバスを使ってたドラマーはこだわりだったんでしょうね。
私も練習はツインペダラーでしたよ。
もはや昔の話ですが…(笑)
Posted by トミー・李 at 2006年08月19日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タムタムがいっぱい
Excerpt: タムに取り付ければ、消音のタムに変身!裏のドラムヘッドが薄ーく鳴るから、タムの音が小さくなった雰囲気です。タッチによってサウンドも変わるのでかなりリアルな雰囲気が出ます!スネアドラム用消音パッドリアル..
Weblog: ドラムがいっぱい
Tracked: 2007-07-30 23:46
  ツーバス・ツータム・ツーフロア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。